So-net無料ブログ作成
検索選択

雪のハイキング 西岡水源地公園を歩く [大雪の札幌]

豪雪の札幌。
去年は72cm。今年は100cmを越えた。

1.JPG

もう雪を置く場所がありません。

P2224116.JPG

我が家の1階に住む方の、部屋の窓が
雪で全部埋まろうとしている。

2.JPG

屋根の雪が真下に滑り落ちるせいと、地吹雪のせいで
建物と、公園のフェンスの間に積もってしまったのだ。

3.JPG

普通の雪ならいいんだけど、これは氷のかたまり。
しかも重たいのなんの。

4.JPG

やっとここまで…

5.JPG

すんごく重たくて、腰が痛くなった。
半分まで掘り下げたが、体力も気力も限界。

6.JPG

もう一つの窓を残したまま、今日はここまで。

7.JPG

せっかく掘った窓だったが、2/21の大雪で完全に埋まってしまった[がく~(落胆した顔)]

----------------------------------------------------------------

2月16(日)は仲ちゃんと『西岡水源地公園』に行った。

途中「とちぎ」ナンバーを見かけた。
「とちぎ」ってひらがななんだね。

P2164283.JPG

街のおばちゃんが買い物帰りだろう…
ボブスレーに荷物を乗せてます。

P2164284.JPG

家から25分後、西岡水源地公園に到着しました。
冬にここに来たのは初めてです。

池のほとりの「不動明王」に、ご挨拶をしてから公園に入っていきます。
ここは「心霊スポット」でもあるのです。

P2164285.JPG

人の足跡があるので、スノーシューはいらないみたい。

木道にも積雪です。

P2164288.JPG

やっぱり雪が多いですよね~。

P2164289.JPG

一周約1.2㎞の遊歩道です。

P2164290.JPG

P2164291.JPG

動物の足跡と、木道の人間の足跡と合流します。

P2164292.JPG

えっと~・・・ここを通らないと、駐車場に帰れませんが…

…もう仲ちゃんは先を歩いています。 しかとーーー(笑)

P2164293.JPG

P2164295.JPG

P2164296.JPG

P2164297.JPG

管理人が除雪をしてくれてるんですね。ありがたいです。

P2164298.JPG

駐車場には結構車が停まっていました。
今日はこの後ニッサンに車を持っていくので、
今日はNV350で来ました。
手前に置いてるのが仲ちゃんの車です。

P2164299.JPG

帰り間際に小さい「あられ」が降ってきました。

家に帰ったら…また雪掻きだな。 もう腕が限界です。

P2164300.JPG

この後、白石区の「宝樹(ほうじゅ)」ってラーメン屋に向かった。
仲ちゃんも私も塩派。

SN3N1052.JPG

普通のチャーシューに見えるでしょ?
この厚さがたまんない。
スープあっさり、チャーシューこってりです。↓ ↓ ↓この厚さ(◎_◎;
このボリュームで、美味しくて、お値段ライス付で680円です。

SN3N1053.JPG

ニッサンに寄ってたら日が暮れちゃった。

まだまだ春が遠い 創成川です。

P2164303.JPG

そして2/22日の札幌です。
「ひのまる会館」前。 向こうに見える林が「ひのまる公園」です。

SN3N1055.JPG


nice!(14)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 14

コメント 6

doudesyo

今晩は。
やはりそちらの雪はレベルが違います。凄いですね。くれぐれもお体を壊さないようにして下さい。
ラーメンは私も塩派です。^^;
by doudesyo (2014-02-22 21:14) 

りか

★doudesyoさん いつもコメントありがとうございます。
隣の公園は、近所の熾烈な戦いが始まっています。
私達南側住民は軍制が弱く、北側住民は境界線を破壊し、
ドンドン南側に雪を捨てに来ます。
常識の無さが、雪捨てに現れます。
捨てるだけ捨てて、雪割りをしない北側住民に腹が立ちます。
とても同じ人間だとは思えない現状です。残念です。
by りか (2014-02-22 22:49) 

大将

りかさん、お久しぶりです!
息子さんの合格おめでとうございます*\(^o^)/*
今年の冬、おいらの住む南区は出だし少ない雪で安心していましたが
あっという間に景色も変わり雪かきで身体もボロボロですねぇ
雪の西岡水源地も良いですよね
今年はまだ行っていませんがわんこの散歩で行くんですよぉ〜
by 大将 (2014-02-23 07:06) 

minsuke

これ読んでもピンと来ませんか?
ピンとこないなら、もう訪問することはないと思います。

死ぬとどうなるのか分からない心を
無明の闇といいますが、
その心を晴らさずにそのまま死ぬと、
大変なことになります。
お釈迦さまは、“必堕無間”と説かれ、
後生(死後)、地獄に堕ちると教えられています。
その解決一つを心にかけて、
命がけで京へ旅した、関東の同行たちの話です。
(何故、地獄へ堕ちるのか、
我々は悪しかできないからです。
心で、口で、体で悪のし放題なのが我々です。
簡単に理解してもらえるのは、殺生です。
一日にどれほどの動物・昆虫を
殺しているでしょうか。
喜んで食べていれば、
同罪だと釈尊は教えています。
(食べる人がいなければ、殺す人もいなくなるからです。)
我々は生まれ変わり、死に変わりして、
人間界、地獄界、畜生界、餓鬼界、修羅界、天上界の、
心が作り出す迷いの世界の六道を
輪廻転生しているのです。
過去には、我々が殺されて
食べられたこともあるということです。
だから、虫や動物も我々の命も、尊さは同じです。
畜生(虫も含む)を殺すのも、人間を殺すのも同じ罪なのです。
ヒトラーは、600万人の人間を殺しました。
あんな奴は地獄に堕ちて当然だ、と思いますが、
我々も同じことをやっているのです。
まいたタネは必ず生える、
やった者に必ず返ってくるのです。<因果の道理>
だから、死ねば大苦悩の世界に堕つると
お釈迦さまは教えているのです。
それを解決するには、阿弥陀仏の本願に
救われるしかないのです。)

by minsuke (2014-02-23 23:22) 

りか

★大将さん 昨日も歩いてきました。昨日は池の上をスノーシューで歩きましたよ。仲ちゃんは川に落ちました(笑)コメントありがとう(^^)/
by りか (2014-02-24 16:13) 

りか

★minsukeさん おっしゃることはごもっともだと思います。
けど、どうしたんですか?急に仏の道に入ったの?
私のお婆ちゃんは弘法大師に学びを頂いて、医者になった人です。
死後の世界は宜保愛子さんから学びました。
宗教は嫌いです。押し付けも嫌いです。
何を信じるかは、人それぞれじゃないかと思いますよ(^^)/

by りか (2014-02-24 16:18) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。