So-net無料ブログ作成
検索選択

道民の森・南牧場地区 [バイクで観光名所へ]

10月18日はお天気も良く、仲ちゃんと
スカブ650で、タンデムツーリング[かわいい]

札幌~当別~青山ダムのふくろう街道を走る。
ここまで40分くらいかな。
1.JPG

一昨年まで工事しててドロドロだったのに、
こんなに綺麗なダムに変身したんだよ~。

2.JPG

バイクは、道民の森の案内所に到着。
今日も特に行き先を決めていない。それは、いつものこと(笑)

3.JPG

まず[exclamation] ライダーがよく走りにくる「道民の森」の事を
紹介させて下さい。

ここの広さはなんと、12000ヘクタールにも及ぶ広さなんです。
あまりに広いので「神居尻」「青山」「牧場南」「青山中央」
「一番川」「月形」と六つの地区に分けられ、それぞれの
地区にキャンプ場や公園、レクレーション等を設置しています。

12000ヘクタールと言っても、想像できないですよね。
北海道の人は「○丁」と言ってくれた方が分かり易いのです。
「1丁」は1.2km×1.2Km

この森は、サンフランシスコ市と同じくらいの広さなんですって。

東京で言うと、千代田区+中央区+新宿区+文京区+台東区+
墨田区+目黒区+渋谷区+中野区なんだそうです(笑)

ちなみに北海道の人は、「東京ドーム個分」と言われても
ピンと来ないのです(笑)

ここでトイレを済ませ、次に何処に行くか相談。

4.JPG

仲ちゃんが…「こんな地図があったよ~[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]と上機嫌。
手に「南牧場地区」の地図を持っていて、
「よし!ここの吊り橋まで歩こう!」と言い出した。

楽しそうだね~[かわいい] 
けど今日は、皮のスーツと 皮のブーツで来っちゃったよ[ふらふら]
[バッド(下向き矢印)]

けどいいかい?[ぴかぴか(新しい)] 行ってみるかぁ~[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]

5.JPG

6.JPG
                     パンフレットの写真より

駐車場には2台の車しか停まっていない。
しかも管理や整備をする人たちの車です。
寒いし、休日の夕方だから、もうみんな帰っちゃったのかな?
↓ ↓ ↓の所にスカブを停めて 歩きます。
7.JPG

大きな看板はありましたが、遊歩道に入る道が見当たりません[ふらふら]
しかも吊り橋の案内は看板に描かれていない[バッド(下向き矢印)]

行けないんじゃないか~~?と諦めていると仲ちゃんが、
「こっちじゃないか~?」と、めっちゃ急な坂道を登り始めた。

8.JPG

何となく違う感じはしたが、手に持ってる地図の掲載では、
間違いないような感じはした[わーい(嬉しい顔)]

地図には「クイズの道」と書かれ、しばらく行くと、
木に貼られたクイズが見つかった。安心した。

しかし、クイズの番号は「3題目」になっていて、
やっぱり私達は、違う道を歩いてきて、「1と2」を
パスしちゃったんだと気付いた(笑)
9.JPG

それにしても…手入れがされていなく、笹は生えっ放しで…
けど…小路になっていて…
やっぱ…こっちでいいんだよね~~と地図を見る。
10.JPG

そこに「7題目」のクイズがあり、「答えは8題目だよ!」と
書いてあった。 またちょっと安心した[わーい(嬉しい顔)]
11.JPG

クイズの道でクイズの答えを探したが、
とうとう「8題目」の答えは何処にも見つからなかった(笑)
12.JPG

笹の中を越えながら、地図にも載ってる普通の道に出た。

ここでは、さっき私達が看板を見ている時に、森の中に入っていった
ご年輩の女性がいた

きのこや三菜を取りに来たのか?
けど…こんな秋に? 

カゴを持っているからきっと、
クリスマスのリースを作るのに、松ぼっくりやどんぐりを
拾いに来たのだろう。 人がいたので、かなり安心した[わーい(嬉しい顔)]
13.JPG

だけど…この道標を見た時、かなり不安になった(笑)[ふらふら][バッド(下向き矢印)][バッド(下向き矢印)]
↓ ↓ ↓

やっぱもう、閉鎖されてるんだよ。
何だか変だな~とは思っていたけど…

2人ともここで大笑いした[わーい(嬉しい顔)][爆弾] 

その不安は的中したけど、かなり森の奥まで歩いて来てるから、
吊り橋までは歩こうか~って事になって、
また重たいブーツと、皮のスーツで黙々歩き出した。
14.JPG

あ~~!! あれ~~!! 吊り橋だよ~~!!15.JPG

笹薮を掻き分けて 前へ進む道しかないようだ。16.JPG
                 パンフレットの写真より

吊り橋を渡って、うしろを振り返る。
17.JPG

笹が背丈以上あって、けど足元には 
木の階段があったので、何とかそこを迷わずに通過できたが
顔を上げるとこんな感じだった(笑)   ↓ ↓ ↓
38.JPG

山菜取りに出かけたまま帰らなくなった人って、
この笹の根っこに生える笹竹を採って歩いてるうちに
遭難するんだろうな~なんて物騒なことを考えながら歩いた。

パンフレットに載ってる写真のモニュメントは、
もう字も読めないくらいに腐っていて、その下には、
18.JPG

このような時代のまとめが表記されていた。19.JPG

どうする?吊り橋まで来たから、引き返す?20.JPG

な~んて言って100m程進むと、木の道に出くわした。21.JPG

あ~!もう地図の2/3まで来てるんだ~[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]
目の前には、半分崩れかけた木の階段が見える。
22.JPG

木の道はもう朽ちてしまってるから、じゃ~
山の道を行ってみるかぁ~
[るんるん][るんるん]23.JPG

階段は谷に向かって、斜めに崩れかけていた(笑)24.JPG

中腹で後ろを振り返る。結構垂直に近い感じがした[グッド(上向き矢印)]
冒険最高[グッド(上向き矢印)]
[グッド(上向き矢印)] 
凄く楽しいが、やっぱ冒険は普通の服でやりたいものだ(笑)
25.JPG

地図によると、ここから向こう側にある 下りの階段までは
約200mくらいあるらしい。
26.JPG

少し歩きやすくはなったが、何とも不気味な雰囲気だ。
道民の森には熊はいないのかな~?
この辺で、熊に襲われたニュースってやってないよね?
27.JPG

ここは歴史の道と書いてあり、明治、大正~現在に至るまでの
北海道の歴史が書いてある。。。筈だったが、もう剥がされていた[もうやだ~(悲しい顔)]
28.JPG

白樺並木に出た。向こうの下り階段までは、あともう少しだね。
けど、登りがあんな壊れていたから、こっちはどうかな~?と
少々不安になる[あせあせ(飛び散る汗)]
29.JPG

あっちゃ~~[バッド(下向き矢印)][バッド(下向き矢印)] 雪や雨で腐ってしまったんだね。
一体全体ここは、いつから閉鎖されたのかしらん。

何故あそこに、南牧場の地図が置いてあったのかしら? 謎です[フリーダイヤル][ー(長音記号2)]
30.JPG

道はここで終わっていました。
階段のある方向を探して彷徨いましたが、笹薮ばっかりで
まったく分かりません。
きっと先月の大雨で、階段は崩れてしまったのだろうと判断しましたが
諦めきれず、崖のギリギリの所まで行ってみましたが、
地盤が弱く崩れそうだったので、
31.JPG

何とか笹に捕まり、憎っくき笹に助けられながら 這い上がってきた。32.JPG

さあ、来た距離をまた帰らなくてはいけません。
ぼやぼやしていたら、真っ暗になってしまいます。

もう満足したね?帰ろうか…と思いながらも、
私の胸中は「あの木道の先がどうなってるのか
見たいな~~」
と思っていた。
25.JPG

そしたら仲ちゃんが、「俺…木道の先が気になるんだよな~」
と言い出し、「え~~??仲ちゃんも?実は私も同じ事
考えてたんだよ~」
と言って また大爆笑した[わーい(嬉しい顔)]
[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]

33.JPG
          パンフレットに掲載されてた、昔の木道は…

今はこんな感じになっていた。
34.JPG

この木道の先に、さっき私達が見つけられなかった
階段がある筈なんだよね~。
35.JPG

けど 進んで行けば行く程、木の道は水の中に沈み
これ以上は長靴じゃないと進めないという結果に終わった。

しかし2人とも考えていたことは…「次回は長靴だね~」
同時に発言して、また大爆笑したのだった[わーい(嬉しい顔)]
[グッド(上向き矢印)]

ホント、趣味も思考も笑いも いつもピッタリの2人でした(笑)36.JPG

木道の入口まで戻ったら、また笹を掻き分けて 吊り橋を渡ります。37.JPG

38.JPG

顔も手も笹で傷だらけ。
寒いかと思い、グローブは持ってきていたが、
外気温は寒いのに、体は暑くて暑くて[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]
しかもリュックも水も持たないで来てしまったので、
2人分のグローブと帽子は、私のお腹の中に入れ、
妊婦みたいな デブおばさん になっていた[わーい(嬉しい顔)]
[台風]

それにしても、凄い笹だね~。39.JPG

吊り橋入口~
40.JPG

41.JPG

はぁ~ やっと道に出たよ。
ちょっと途中迷いそうになって 焦った。
42.JPG

路面におりた霧が、夕日に照らされて
[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]苔もキラキラ光っていて 凄く綺麗だった[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]
*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o
43.JPG

あ!さっきは見つけられなかったモニュメントが、ずっと左手の奥にある。44.JPG

昔はこうであったのだろうが、今は墓石みたいになっていて、
何とも気味が悪かった(笑) ↓ ↓ ↓
46.JPG
     パンフレットに掲載されてた昔のモニュメント

45.JPG
気味が悪いのでさっさと立ち去る

------------------------------------------------

これはこれで、ホント楽しいハイキングだったね~。
いい汗かいたし、あとは温泉に行って温まるだけだ~。
47.JPG

帰りは、林の中(クイズの道)を通らず、大回りの道を歩きましょう。
道民の森は、本当に凄い深い山の中にあるんだな~と実感しました。

48.JPG

49.JPG

スカブ君が一人で待っています。
管理人も整備の人も帰ったみたいで、誰もいませんでした。
50.JPG

51.JPG

当別からは、眩しい夕日に向かってGO!です。52.JPG

---第2部は---第2部は---第2部は---第2部は---第2部は---第2部は---第2部は---第2部は---

ジムニーに乗り換えて、環状通り沿いにある
「信州庵」というお蕎麦屋さんに 夕飯を食べに行きます。
それから東区の「たまゆら」という温泉[いい気分(温泉)]に行きます。

---第3部は---第3部は---第3部は---第3部は---第3部は---第3部は---第3部は---第3部は---

温泉[いい気分(温泉)]からあがると、またまた道民の森まで走りました。

仲ちゃんのジムニーは、エンジンを新品に乗せ換え、
マフラーを取り替えたので、調子をみる為に、
またここまで走って来ました。
4.JPG

夜の道民の森です。↓ ↓ ↓ 
亡霊が出るんじゃないかと、正直…気持ち悪いです[モバQ]

外灯がなく、真っ暗で何も見えないのですが、満天の星空です。
流星群が見えます。星の川が白く見えています。
こんな星は、養老牛で見た時以来です。
54.JPG

---第4部は---第4部は---第4部は---第4部は---第4部は---第4部は---第4部は---第4部は---

私の家に帰って、録画していた映画を観て
お開きです。バイオハザードだったかな?

仲ちゃんとの 長い長い一日が終わりました[かわいい]


トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。