So-net無料ブログ作成
検索選択

ニセコ/ 大湯沼 小湯沼 [廃道探検と面白い道]

平成26年10月19日。 澄み渡る青空。

いつものコースを、ニセコに向かう途中の毛無峠
毛無山から見た朝里の町並みと、石狩の海
小樽は左手。
海の向こうに見えるのは、銭函、石狩、厚田、浜益である。
1.JPG

赤井川国道R393を走り、キロロリゾート前を通過。
落合ダムを通過。最初の信号を左折。
2.JPG

倶知安に向かう大和のトンネルの緩やかな右カーブで、
先週早朝…札幌へ向かうサラリーマンが この壁に激突し、
命を落としてる。壁がえぐれてた。 
ご冥福をお祈りします。
3.JPG

あまりに天気が良く、気持ちがいいので、
羊蹄山(蝦夷富士)が見える駐車場に車を停める。
4.JPG

今日は仲ちゃんのジムニー。
エンジンを乗せ換えたので、新車同様。
5.JPG

今日はちょっとダートも走ってみたい。暖かい。6.JPG

今日は、私のリクエストで、ニセコの小湯沼へ行くのだ。7.JPG

2人でジム君を眺めていると、向こうに家族連れの車が1台停まった。
ご主人だと思われる人が、最近買ったと思われる一眼レフを手に持って
右のガードレールに歩いていく。

特に気にはしていなかったのだが、「おーいいね~!いいよ~!
凄いね~!最高だ~!」
と大きな声でしつこく 喋り出した。

私は「???」となって、 裸の女性でも写しているのかな~?と
その人がカメラを向けている方向に目をやると…
8.JPG

その人は紅葉を写していたのでした(笑)
なーんだ、裸体じゃなかったのかと残念でしたが(笑)

そんなに凄いのなら…と私も便乗して 一枚パチリ
[カメラ]
9.JPG

ここは一直線の下り坂。
数キロ先の信号が見えるのだが、遠過ぎて なかなか近づかない。
不思議な光景です。
10.JPG

ニセコパノラマラインを走り、ワイスホルン~ニセコワイスを通過、
11.JPG

通称「お花畑」と呼ばれるイワオヌプリは硫黄山。
白く見えるのは、雪ではなく 硫黄です。
12.JPG

五色温泉通過。この先を昆布方面に走れば、
本日の目的地雪秩父温泉のある 大湯沼の駐車場が見えてくる。
ダケカンバが綺麗。
13.JPG

車を駐車して、数メートル歩くと、大湯沼が見えてきた。14.JPG

雪秩父温泉には入浴しに来たが、この沼を見るのはお初。
すごいね~。こんな所があったなんて。
15.JPG

けど、今日の目的は、この大湯沼から、小湯沼に行くこと。16.JPG

そう!黄色のラインで描いた方角に、幻の湯「小湯沼」があるらしい。
ただ今は、観光地にはなっていない。
17-.JPG

17-18.JPG

小湯沼まで続く道が うっすらと見えてドキドキする。-18.JPG

19.JPG

9月10日の水害で、ここも一部通行止めになっていた。
写真右側。道が雨水で陥没したみたいだ。
20.JPG

ずっと向こうまで行ってみよう。21.JPG

沼の表面を見たら、沼底から熱湯が沸いている。
入ったら大やけどだろうな。
22.JPG

お湯の成分が、ここに集まっている。
硫黄の香りが少しするだけ。
23.JPG

パノラマライン側を見ると、国民宿舎の雪秩父温泉が姿を消し、
新しい建物が建築されてるみたいだった。
大工さんが叩く ゲンノウの音が響いていた。
24.JPG

木道から下に降りてみたら仲ちゃんが、
「りか!こっち熱いよ!」「お!こっちはぬるい!」と言ってる。
25.JPG

そこへもうひと家族が現れ、その家族の子供達にまぎれて
いつしか親も子も、私達も泥遊びみたいになっていた(笑)

ここも沸々と熱湯が沸きあがっていた。

あ!そうだ!あっちに「おさわりの湯」って言うのが
あるみたいだよ!ちょっと行ってみようよ!」
と私。
26.JPG

あ~~~!!間違えた~~[ふらふら][あせあせ(飛び散る汗)]

おさわりじゃなくて、湯さわりだった~[がく~(落胆した顔)] これまた天然ボケで大爆笑。27.JPG

ぐるっと周回したところで、今度は「小湯沼探検」に出かける。
さっき写真に描いていた笹薮は、入山は不可能みたいです。

私は他人のブログを予め拝見していたので、恐らく間違えないで
いけるだろう…と結構自信満々でした。

車に乗り込み、仲ちゃんを案内する。
ここまでは、他の人のブログに掲載されていた道だったが…

28.JPG

あれ?この道は…どのブログにも見覚えがなかった。29.JPG

突き当たりは国道の真下で、川で行き止まりになっていた。
凄く綺麗な水だが、絶対に飲んではいけません。
エキノコックスで今年も死者が数人いるみたいだ。
30.JPG

Uターン出来なくなったので、バックで道を戻る。31.JPG

ちょっと広くなった所でUターンしたら、木の枝にペットボトルが
刺さっていたので、私はいつもの早とちりと 思い込みで、
「もしかしたら、ここからも小湯沼にいけるんじゃない?」と言い、
ここから2人で林の中に入った。
32.JPG

その思い込みは 本当に思い込みで、「根曲がり笹」の中を
進んでも進んでも一向にそれらしき物も 広場も現れず、
ちょっと遭難寸前みたいな状況になったので、
先に進むのを断念して、車に戻ることにした。

しかし戻るにも戻れない感じだった。

所々、人が入ったような形跡があり、ペットボトルが
あったりしたが、どれも道標なんかじゃなかった。

33.JPG

どっちを見ても景色が同じで、背よりも高い根曲がり笹と
格闘して、傷と埃だらけになって、やっと車のところへ戻れた。

体力と時間だけが消耗した[もうやだ~(悲しい顔)] 死ぬかと思った[バッド(下向き矢印)][バッド(下向き矢印)][台風]
34.JPG

-----------------------------------------------------

また車に乗って、さっき来た道を戻り、今度こそ入口を探せた。
絶対ここだ!! 小路が付いてるじゃん(笑)[グッド(上向き矢印)]
[グッド(上向き矢印)]35.JPG

その小路を15分程歩くと、
36.JPG

広場に出た。道が続く正面かな~?と仲ちゃんが偵察に行くと37○.jpg

違う!こっちみたいだな~。38.JPG

そしたまた笹薮の中を歩いていく。
さっきとは全く違って、ちゃんと道が付いてるから歩きやすい。
39.JPG

数十分歩くと…
おお~~!!見えた~~!!
やった~~!! 到着~~!!
40.JPG

きれい[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]

山の上にキラキラ光る物がある。
あれ!カーブミラーじゃないか?
…って事は、あのミラーから小湯沼が見えるんだ!![わーい(嬉しい顔)]

41.JPG

どう?熱い? 服脱いで 入ってみる?42.JPG

大湯沼へ続く川
43.JPG

長靴でちょっと入ってみると…あったか~い[いい気分(温泉)][グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]
裸になってちょっと入ってみようかな~。
けど…タオル持って来てないね[もうやだ~(悲しい顔)]今度来た時にするか[バッド(下向き矢印)]

44.JPG

とろっとろの泥。
この泥はお顔につけるといいんだよ。
雪秩父温泉で、顔につけたもん。目に入ったら痛いんだよ。
45.JPG

46.JPG

47.JPG

汗もかいたし、めっちゃ入りたい。けど、今日は我慢だね。48.JPG

49-.JPG

お湯が沸々沸きあがってる。こわ~~。どの位の深さがあるんだろう。49-50.JPG

あ~~ 結構深いよ~(笑)-50.JPG

底がないんでないのぉ~~(--;)51-.JPG

さあ、そろそろ帰りますよ。これから岩内の温泉に入りに行くから。
帰りはあの道を走るから、
上から小湯沼が見えるかどうか見ていこう!
41.JPG

小湯沼 ばいば~~い[もうやだ~(悲しい顔)][手(パー)]51-52.JPG

帰りは下りで楽だった。出来れば川を下りたかった(笑)-52.JPG

53-.JPG

途中「小沼」と書いた看板が倒れてた(笑)
え? 「小湯沼」じゃないの??[ふらふら][exclamation&question]
53-54.JPG

ジムちゃん。無事到着です。-54.JPG

お腹空いたね。
岩内までコンビにないから、ここで少し腹ごしらえ。
55.JPG

ちょうどいい椅子を発見。56○.jpg

-----------------------------------------------------

帰り道。カーブミラーがあり 下を覗くと…
見える[グッド(上向き矢印)]見える[グッド(上向き矢印)]ここから見えるんだね~~と大ハシャギ[グッド(上向き矢印)]
[かわいい][るんるん]

57(41).JPG

見事なダケカンバ。冬に入る前の景色は綺麗だね。58.JPG

59.JPG

共和町~~60.JPG

グリーンパーク岩内。。。あれ?ここの温泉。。。[わーい(嬉しい顔)][ハートたち(複数ハート)]

3年前に、バイク仲間のアマちゃんの紹介で、
仲ちゃんと初めて会って、初めてここに来たんだった[グッド(上向き矢印)]
61.JPG

それがその時の写真。↓ ↓ ↓
平成23年11月3日です。

私はその時、温泉に入らなかったんだよね。
アマちゃんが、
「りかさんはどうしていつも温泉に入らないんですか?」
と質問してきたので、私は
「鯉が背中を泳いでいるからよ」
(刺青)と答えた(笑)

信じるか信じないかは…あなた次第[がく~(落胆した顔)][手(チョキ)]
62.JPG

帰りは岩内から~銀山経由で、毛無峠を帰ります。63.JPG

今日も楽しい一日でした。

最近書いた「小湯沼」のブログです。 ↓ ↓ ↓
http://koborezakura2.blog.so-net.ne.jp/2015-07-17



共通テーマ:旅行

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。