So-net無料ブログ作成
検索選択

知床半島 カムイワッカの滝 2014.09.14 [車で観光名所へ]

平成26年9月14日のお話しです。

「ウトロの道の駅」で目覚めて、車で「知床ネイチャーセンター」まで来ました。
隣との幅が、非常に狭い駐車場です。

1.JPG

カムイワッカの滝まで行くには、ここでバスに乗り換えるのです。

-----------------------------------------------------

往復1300円の切符を買って、時間まで少し待ちます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
絶対にさわってください!
            何?なに?
2.JPG

私はまだヒグマに遭遇したことがありませんが、
もしも出会ってしまった時には、
死を覚悟しなければならないと思います。

だけどこのヒグマは鉄砲で撃たれました。どうして?
それは人間(観光客)が悪いのです。
安易に食べ物を与えるから、
人里におりてきちゃうのです。

ですから、北海道をドライブしていて
道路で動物を発見したとしても
それがきつねでも鹿でも、
絶対にエサを与えないで下さいね。

3.JPG

-----------------------------------------------------------------------------------

バス停には、もう3人の人が並んでいました。
大学生の息子さん2人と、そのお母さんです。
3人で旅をしているそうで、名古屋からだと言っていました。

あれ?ここは「知床ネイチャーセンター」の筈なのに、
バス停名は「自然センター」になっています。???

4.JPG

バスが来ましたよ~。5.JPG

知床半島が見えます。
ここからカムイワッカの滝までは、センターを経由して45分です。
6.JPG

7.JPG

次のバス停は、知床五湖の出発地点で、
さっきの親子はここで下車しました。
物産館でもあり、土産物が売っています。

センターまでの道路は渋滞していましたが、バスは優先です。
バイクが通過するのを待って、バスだけGO!です。

一般車両が入れるのは、この先の自然センターまでです。

8.JPG

9.jpg

ここがカムイワッカの滝の入口です。
ちょっと小雨なので、道路が砂利と雨水でドロドロ。
自家用車で来なくて良かった。
…てか、この期間はバスのみでしか入ることが出来ないのです。
行かれる方は、事前に調べてから行って下さいね。
10.JPG

カムイワッカの滝までは、山の中をズンズン進んでいって、
途中、鹿の親子を見ながら、随分時間がかかって滝に到着しました。

私達は 泥ドロの橋の上で、持って行った靴に履き替えました。

-------------------------------------------------------

お~~!!結構な傾斜です。
脱衣所も、靴の置き場もなく、いきなり滝は始まっています。
11.JPG

上から 温かいお湯が流れて来ています。
さっきバスのアナウンスで知った事ですが、
「この川の成分は○○系ですので、お肌が敏感な方や
皮膚炎のある方にはとても効果があります」と言ってました[わーい(嬉しい顔)]
                      
※あとでここの説明があります。

若い子達はとても早いスピードで登っていきます。12.JPG

は~~い!!仲ちゃん!!こっち向いて~。
仲ちゃんはダイビングやっていた時の
ウェーディングシューズをはいています。
13.JPG

私は濡れてもいい靴を履きましたが、靴下の上からで
すんごくダサかったので、写真を加工して隠しました[ふらふら]
[グッド(上向き矢印)]14.JPG

係りのおじさんが 「黒い岩の上は滑るから、
水の中を歩いた方がいいよ」と、気さくに話しかけて来ます。
15.JPG

一の滝からは急斜面になり、手を付かないと登っていけません。16.JPG

仕事で切った傷がビリビリと痛みます。
???何でだろ。
「ねえねえ仲ちゃん?さっきバスでさ~『このお湯は
皮膚炎のある人にはとても効果があります』って
言ってたよね?なのにこの水、痛いよ~?なんで~?」
と仲ちゃんに質問したら、仲ちゃんは笑いながら…

「りか違うよ?この水は強い酸性のお湯だから、
お肌が敏感な方や皮膚炎のある方は、長く入らない方が
いいですよって言ってたんだよ~」と教えてくれました[わーい(嬉しい顔)](爆

あ~~!!さっき
後ろに座ってたオッチャン達、今夜の
飲み会の打ち合わせを大きな声でガヤガヤやってたから、
鹿の生態のこと話してたのも聞こえなかったのね~
(⌒∇⌒*)17.JPG

仲ちゃんと、写真を写しやんこしながら登っていきます。
それにしても、温かくて気持ちのいいお湯です。
18.JPG

まだまだ登っていきますよ~。

係りの人が「昔はもっと上まで登れたのさ~。
だけど噴火してお湯が熱くなったり、落石があったりして
行けなくなったのさ~。
もっと上にあがった所に 大きな湯壷があるんだ~。
みんな昔はそこに入って 汗流してた~」

と教えてくれました。
20.JPG

-----------------------------------------

あ~!あそこで行き止まりだね。

この3人の男の子に近づいた時、その子に聞こえるように 私が
「ねえねえ仲ちゃん?頭どこで洗う?シャンプー持ってきた?」
って言ったら、その子たち…「え~~?」ってこっち振り返って
私の顔を見たので、「記念に一緒にどうですか」と言ったら
恥ずかしそうに「まじぃ~?」って笑ってた。
私も噴出して「うそうそ~[わーい(嬉しい顔)]ジョークですよ~」って笑ったら
「本気に洗うんかな~?って思ってました」って言われて
5人で爆笑しました。
23.JPG

あの上まで行きたいな~。
21.JPG

2人で姿くらますか!なんて冗談言って、笑ってた。
生まれて初めて訪れた カムイワッカの滝。
すごい感動しました。
一度は「バス」と聞いて諦めましたが、本当に来て良かったです。

25.JPG

北海道にはまだこのような自然がいっぱい残されていて、
この自然が、自分たちの心までも豊かにしてくれます。

厳しい寒さを乗り越えてからこそ、春の訪れと
短い夏の訪れを喜べるのだと、そう思いました。

この光景を しっかり目に焼き付けて 帰りましょう。22.JPG

後ろを振り返ると、皆の後姿が見えました。

19.JPG

24.JPG

帰りのバスまでは まだ時間があるので、ゆっくり下りてきましょう。26.JPG

ざーーーっとお尻滑りして、ベッチャベチャになりたいです[わーい(嬉しい顔)]27.JPG

写真で見ると、登りか下りか分からなくなってきますね[exclamation]

下に見える壷は、太ももくらいまでの深さがあるようでした。28.JPG

29.JPG

下まで来たら少し雨が激しくなってきて、登山入口の案内の
軒下をかりて靴を履き替えました。

そしたらさっきの男の子たちと、他の女の子が近づいてきて
「どこから来て、どこを観光して、これからどこに行くの?
どこの大学生ですか?」と恒例のおしゃべり会になりました[るんるん]
30.JPG

31.JPG

仮設のこの橋は、バスの転回所として設けられたのかと思ったら、
工事が終わったら取り壊すのだそうです。

狭い道をバスでUターンするには、熟練の技術が必要ですね。
32.JPG

バスが来ました。
今度はうるさいオッチャンたちから離れて座ります(笑)
33.JPG

34.JPG

35.JPG

36.JPG

37.JPG

38.JPG

39.JPG

次は知床峠を目指し、無料露天風呂・熊の湯と、
→こちらも無料露天風呂・相泊温泉に向かいます。


nice!(6) 
共通テーマ:旅行

nice! 6

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。